Home > 晩ごはん > 家族が揃ったらハンバーグ!☆【実家の片付け】ガラクタが増える理由

2016.05.08 Sun 家族が揃ったらハンバーグ!☆【実家の片付け】ガラクタが増える理由

昨日はムスメっ子のバイトはお休み。
そしてオットも帰省中。
でも、ワタシはパートがありまして・・・・。
晩ご飯作りは二人にお任せよ~♪



IMG_0189_2016050804550571c.jpg

5月7日(土)の晩ご飯 by オット&ちびKitchen
・煮込みハンバーグ
Cpicon 給食の味*きゅうりとわかめとツナの酢の物 by みゆKitchen
・冷奴





IMG_0191_2016050804550631b.jpg

家族が揃ったらハンバーグ!
我が家の定番です。
オットが愛情込めて捏ねてくれたとか。
ふわふわに美味しくできていました~♪
人が作ってくれたら、尚更美味しいね。






IMG_0192.jpg

ワタシがクックパッドにアップしているレシピでイチバン人気のやつです。
きゅうり嫌いのムスメもこれなら食べるんです。
つくれぽも800件を超えて「子供に好評だった」
「酢の物が苦手な家族が食べた」と好評です。
これから暑くなるシーズンにおススメですよ~。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

実家の片付けネタが続きます。

帰省中に母の用足しのために運転手として、あちこち出かけました。
で、母に付き合っていると、雑多なモノが増えるのも仕方がないな~と感じました。


用事があって母の知人の家に行きました。
その知人の方は洋裁をされるようで、そのお宅には、ミシンやら布地や糸がたくさんありまして
部屋には手作りのクッションカバーやら小物やらがいっぱい。
そして、帰り際に「○○さん(母)へ服を作ったから~」と大きな箱を渡されて・・・・。
帰りの車の中で母は「あの人、センスがちょっとアレで困るのよね・・・」と。
でも一度は、その服を着てお会いしないといけない訳で。(´Д`)ハァ…
こんな風に、よく手作りの服を頂くらしい。
で、帰宅して「これ、どこに置いておく?」と母に聞くと「その辺に置いといて~。」


また、家の近くでご近所の方に会った時には、
「あら~!○○ちゃん(ワタシ)帰ってたの?!」
長話が始まります・・・・。
で、背中にしょっていたリュックを下ろし
「これ、あげるから、スキなのを選んで~♪」と・・・。

IMG_4819_20160508045501f97.jpg

よくある手作りのしおりです。
相手と場の雰囲気の問題で、お断りすることもできず「ありがとう」といただきました。
ま、ワタシなら、帰ってからすぐに処分しますが、
母はそういったことはできず、「まあ、その辺に置いといて」となります・・・。







IMG_4824_201605080455036a6.jpg

チェストの上やキッチンボード、家じゅうのあちこちにあるカゴに
こういった貰い物を取りあえず入れていくことにより、
雑多なものがどんどん溜まります。
↑この画像のカゴの中には、香水や土産物の袋に入ったままのハンカチ、
掃除グッズ、手作り小物、何かの金属パーツ、抹茶等が入っていました。
ある程度分類分けされているのならいいのですが、
食べ物も日用品も掃除用品、小物など何もかもいっしょくたです。
こんなカゴが家中のいたるところにあります。
引き出しや棚の中も同様です。(汗)
取りあえず、テキトーに突っ込む突っ込む・・・・。


また、母と山の中にある道の駅にお買い物に行った際に、
知り合いの方にお会いしまして「これ、食べて~」とウドをいただきました。
食べ方も丁寧に教えていただいたのですが・・・・。
自宅に帰って母も「これ、どうしよう・・・」と困惑。
父も母も歯が弱く、繊維の多いものや硬いものは食べづらいのです。
(牛蒡や蓮根はもちろん、キュウリの皮や生のキャベツなども硬いと感じるレベルです)
また、父は香りや苦みなどクセのあるものには手をつけません。
母の入院中に冷蔵庫を開けると「何でこんなの入っているの?」というものがありましたが
いただいたものの、口に合わず、「まあ置いとけ」と・・・。
そんなものが積み重なっていたようでした。


我が家のように核家族のマンション暮らしだったり、都会暮らしだと、
そういった付き合いもドライなのですが
田舎だと、手作り品や野菜、お土産等の物々交換や押し付け合いも激しいですね。
母は役所勤めをしていたので顔も広く、お付き合いも多いので尚更のようです。

ときめく片付けの“こんまり先生”や断捨離トレーナーの方たちは
ギフトは受け取った瞬間にその役目を終えているので、あとは処分してもOKといいますが
母の世代の人たちは、その考えは、なかなか受け入れられないのが当然だと思います。
ましてや手作り品や食べ物なら尚更ですね。

ただ、片付けという点から言うと、テキトーにその辺に置いておくことは
相手を思いやるのとは違うと思います。
すぐに捨てるのに罪悪感を感じるのであれば、せめて期限を決めて置いておき
一定の期間が経って気持ちが薄らいだら処分する。
食べない食品は、田んぼや畑に捨てることにより、
土の栄養になると思えばいいのではないでしょうか?


「まあ取りあえず置いとけ」の習慣を改めないと、汚実家脱出は難しそうです。(-_-;)

にほんブログ村 トラコミュ 掃除&片付けへ
掃除&片付け


ランキング参加中です☆ポチしてくれるとうれしかったりします (*´∀`*)

人気ブログランキングへ    にほんブログ村料理ブログ 節約料理へ  
関連記事

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可